• 2016年、インテリアはどう変わる?心地いい暮らし方の新たな提案

    手織り絨毯に込められたイラン遊牧民の思い<ギャッベ>心に染み入る温かい優しさ
    広大なイランの山岳地帯で羊とともに暮らす遊牧民。カシュガイ族やロリ族の女性が織り成 す自由な発想のデザインは、大自然からの贈り物ともいえるインスピレーションにより表現 されている。ギャッベに触れるたび、遊牧民たちの思いが伝わってくるような心に染み入る 温かさは、手織りだからこそ。暮らしに潤いを与えるギャッベの魅力をご紹介します。

    幸せの願いが込められたモチーフの意味
    最高品質で魅せるイラン伝統織物
    手織りならではの個性を感じて

    しっとりとした羊毛の手触り、伝統とモダンを感じさせ るデザイン、そして秀逸なカラーグラデーション。まるで 絵画のようなギャッベは、ペルシャ絨毯の産地イランの 遊牧民の女性たちが、家族の幸せを願う紋様を1 点 1 点 丁寧に織り上げた、愛に溢れる絨毯だ。ギャッベは、ユ ネスコ世界無形文化遺産にも登録されており、中でもイ ランを代表するギャッベブランド、ファーハディアン社は、 最上級の素材と伝統技法にこだわり、クオリティの高い ギャッベを世界に送り出している。原料にはイランの山岳 羊毛のみを使用し、草木染めの手織りで、糸の管理から 仕上げまでを一括で行っている。化学染料や合成洗剤な どは一切使用していないので、暮らしに寄り添うインテリ アアイテムとして安心して取り入れることができる。全て が手織りのため、世界にふたつとないデザインも魅力。 お気に入りのギャッベとの出会いは、アート作品同様、 まるで運命を感じさせるだろう。リビングに、ベッドルー ムに、玄関に、わたしだけのギャッベで空間を彩りたい。

     

     

    徹底した品質管理でプロデュース
    クオリティの高いファーハディアンのギャッベ

    羊毛
    羊毛イラン西南部のザグロス山脈で放牧されている羊たち。昼夜の寒暖差が40度ある地域で飼育されているため、脂質が多いのが特徴だ。ファーハディアン社では、冬を越した羊の10cm以上の原毛のみを使用。この最高級羊毛を手紬ぎにより、丁寧に紡績するところからギャッベづくりが始まる。

     

    染色
    染色植物の葉、根、実などを煮出した天然染料で染色。漂白せず、原毛のまま染色する遊牧民たちの伝統的な手法を受け継ぎ、24時間から48時間かけて草木染めを行っている。月日の経過とともに色が馴染み、艶感も生まれるギャッベ。質感も向上していく経年変化が楽しめるのも醍醐味。

     

    織り
    織り染められた糸は、村ごとに配布され、それぞれの家庭で織られていく。約9,000人もの織り手たちが、基本となる元絵から自由な発想でデザインをアレンジ。大きなサイズの場合、母と娘の2世代、3世代の共同作業で織られることもあるという。家族の絆を感じる幸せな1枚と出会いたい。

     

    形成
    形成ギャッベのサイドの歪みは、定規を当ててカットし形成。さらに、ギャッベを釘で固定し水をかけ、引っ張られた状態で1度縮ませることで全体的な歪みを矯正。このような徹底した形成工程により、最高級品質にふさわしい、一直線の美しいラインをもつ極上のギャッベに仕上げている。

     

     

     

    F&H ファーハディアン 東京ショールーム
    品川区西五反田7-22-17 TOCビル9F
    ☎03-3495-7075
    10:00~17:00
    土日祝 定休日
    大崎広小路駅より徒歩5分
    http://farhadian.jp/

     

     

    Pocket
    LINEで送る