• トレンド発信基地、インテリアビルの楽しみ方リビングデザインセンターOZONE
    理想を実現してくれるインテリア情報の館へ

    部屋づくりのヒントが そこかしこに
    日々の生活を快適にしたい。部屋の内装に個性や遊び心を取り入れたい。でも何から始めていいかわからないし、失敗もしたくない ……そんな要望や悩みを解決へと導いてくれるのが、「リビングデザインセンター OZONE」だ。6フロア、総面積13,000m²という広大な空間に、家具やインテリア用品から住宅設備、建材まで、住まいづくりに関する30以上のショールームやショップが一堂に会するこの施設。館内を歩き回るだけでも楽しいが、訪れる一番のメリットは、「床×家具×ファブリックス」というように、別々に考えがちな部屋の要素を同時にコーディネートできるところ。自分ひとりではイメージづくりが難しい時は、インテリアのプロに相談しながら理想の部屋づ くりを楽しむことができる。「部屋づくりで一番大事なのは、自分がどんな暮らしをしたいのかということ。その要望を整理し、プラスαをご提案することが私たち の役目と考えています」。プロとして様々な顧客のニーズに応えてきた坂本美貴さんはそう語る。部屋には設備の他、内装仕上材・家具・ 照明・ファブリックスと様々な要素があるため、各々を調和させながらプランニングをすることが大切だという。OZONE にはこれらを体感できるショールームが点在。実際に足を運び、自分の思い描く“理想”が明確に形づくられていく興奮をぜひ味わってほしい。
    コーディネート
    Line
    フロア 床材

    部屋の表情を大きく左右
    色・材質ともに慎重な選択を

    床は部屋で大きな面積を占め、簡単には取り替えることができなからこそ慎重に選びたい。中でもフローリングは非常に人気のある床材だが、樹種、材質、色、幅など、どれを選択するかによって部屋の表情が大きく異なってくる。樹種の違いを確かめるなら「マルホン」へ。ここでは木の温もりが直接伝わる無垢材のフローリングが40種類も揃い、商材の膨大なラインナップと清浄な木の香りに圧倒される。一方、「朝日ウッドテック」では天然木の美しさを活かした複合フローリングを扱う。厚さ2mmの天然木の挽板を表面に貼った「ライブナチュラルプレミアム」など、最高級のフローリングを紹介。ハイエンドな床材を自身の足で確認することができる。

    マルホンショールーム MOKUZAI.com
    マルホンショールーム MOKUZAI.com
    ☎03-5326-7411
    無垢材の魅力を体感

    朝日ウッドテック 東京ショールーム
    朝日ウッドテック 東京ショールーム
    ☎03-5323-0567
    複合フローリングの極み

    Line
    wall 壁材

    素材や種類が豊富でDIYも可能
    ワンポイントの工夫で表情豊かに
    壁も、床と同様に部屋の表情を左右する重要な要素だが、異なる色や柄を部分的にあしらうアクセントウォールに見られるように、比較的アレンジが容易だ。種類は壁紙、塗装、左官、タイルなど実に 多彩で、中にはDIYが可能な素材もある。その一つである水性ペイントを扱うのが「ROOMBLOOM」で、独自に配合したコンセプトカ
    ラー144色とデザイナーズカラー45色を常備。驚くべきラインナップで、あらゆる人の理想を叶えてくれる。「SILICALIME」はローマ遺跡にも使われるフランス水硬石灰を材料とした左官材。色のバリエーションもあり、調湿機能や蓄熱効果を持ち合わせるなど、機能面でもすぐれている。

    ROOMBLOOM
    ROOMBLOOM
    ☎03-3347-9077
    水性ペイントの圧倒的バリエーション

    SILICALIME SPACE 左官材ショールーム
    SILICALIME SPACE 左官材ショールーム
    ☎03-5909-0034
    天然の顔料を用いたナチュラルで豊富な色を実現

    Line
    キッチン kitchen
    オーダーでなくとも理想が実現!
    デザイン性&オリジナリティあふれる空間へ

    オープンキッチンが主流の昨今は、他のインテリアとの相性やデザイン性が重視され、色や素材のバリエーションも増えてきている。こだわり派の方はとくに、インテリア性の高いキッチンを手に入れたいものだろう。そんな様々な要望にも応えてくれるのが、「GRAFTEKT」が展開する75万円、85万円という二つの価格帯のシステムキッチンだ。こちらの商材はレイアウトや色に選択肢が用意され、天板の柄にもデザイン性を持たせるなど、規格化されたキッチン特有の無味乾燥なイメ ージはない。さらに温かみが欲しいという場合は「ウッドワンプラザ新宿」 へ。引き出しや扉に無垢の木を使用したシステムキッチンは、従来のイメージを覆すものだ。

    GRAFTEKT
    GRAFTEKT
    ☎03-5909-5315
    安心価格のスタイリッシュキッチン

    ウッドワンプラザ新宿
    ウッドワンプラザ新宿
    ☎03-5322-6540
    無垢の木に包まれる温もりを体感

    Line

    インテリア商品
    理想を最もわかりやすく表現
    生活スタイルを重視したチョイスを
    理想を最もわかりやすく具現化してくれるのが家具や照明などのインテリアで、選ぶ際には部屋の大きさとのバランスと、生活動線を考えることが重要だ。それらを念頭に訪れたいのが「ノルディックフォルム」。その名の通り、人気の北欧家具や照明器具が揃うこのショールームでは、ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセンといった北欧の巨匠がデザインした一生ものの逸品に出会うことができる。一方、和風のインテリアで統一したいという場合は「にっぽんフォルム」へ。こちらでは畳の上に置くことができる低座椅子や、洋間に対応した収納可能な置き畳など、現代日本人のライフスタイルに合った「和」に出会えるはずだ。

    ノルディックフォルム
    ノルディックフォルム
    ☎03-5322-6565
    一生使える北欧インテリアに出会う

    にっぽんフォルム
    にっぽんフォルム
    ☎03-5322-6620
    現代日本人の生活に合った「和」

    Line
    ファブリックス
    部屋の表情を変えるならここから
    機能性もしっかり吟味したい
    カーテンやクッションカバー、ソファの張地といったファブリックスは、取り替えが容易で季節感を演出するのに最適。また、レースカーテンを室内側にするなど、新しい見せ方も生まれている。ただし、窓は開口部であるため、カーテンを選ぶ際には遮熱性、遮光性、断熱性などの機能面を考えることが重要だ。そこでファブリックスに詳しくなりたいなら「Feel Textile」へ。洗練されたヨーロッパのブランド製品を取り揃えたラインアップの中から、その多彩な使い方と可能性に触れてみたい。

    Feel Textile OZONE trend edition
    Feel Textile OZONE trend edition

    ☎03-5321-8535
    ヨーロッパ発の厳選ファブリック

     

     

    OZONEインテリアデザイナー 坂本美貴さん
    アドバイザー
    OZONEインテリアデザイナー
    坂本美貴さん
    ここで紹介する部屋づくりのポイントをアドバイスしてくれたインテリアデザイナーの坂本さん。OZONEではお客様のイメージするインテリアを家具選びから部屋全体まで提案する。

     

    リビングデザインセンター OZONE
    リビングデザインセンター OZONE
    東京都庁に近い新宿パークタワー内。ショールームやショップのほか、相談コーナーとカタログ、サンプルコーナーやイベントスペースも併設。
    新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3~8F
    ☎03-5322-6500
    営 10:30~19:00
    水(除祝)休日
    新宿駅より徒歩12分、または西口エルタワー前より無料バス
    www.ozone.co.jp

    コラムオンリーワンの逸品へと変身!
    部分的カスタマイズで個性を演出
    既製品だけではどこか物足りない人に は、部分的なカスタマイズがお薦め。例 えばドアノブやつまみなど、インテリア の一部を変えるだけでも部屋の表情は 大きく変化する。「VINTAGE+」を訪れ たら認識が 180 度変わるだろう。こちら では、深い味わいをたたえたアンティー クのドアノブや金具を展示しているほか、 それらと見分けがつかないユーズド加工 の新品も陳列。そしてもう一つ、窓はも ちろんのこと、ドアやテーブル、天板まで、 その表情を一気に個性的にするのがガラ スだ。「STYLE GLASS」ではカラーバ リエーションだけでなく加工や機能の多 様性も提示。ガラスという素材の想像 以上の進化に目を奪われる。

    VINTAGE+
    VINTAGE+
    ☎03-5323-3787
    アンティーク調の アイテムが集結

    STYLE GLASS 東京ショールーム
    STYLE GLASS 東京ショールーム
    ☎03-6304-5092
    ガラスの多様性・可能性を発信

     

     

     

    Pocket
    LINEで送る