• トレンド・オブ・インテリア 2013-2014

    チェア「No.500EB」(EDITION BLUE)

    気鋭デザイナーによる“ウッド&カラー”の家具
    続いては、活躍の目立った国内のデザイナーの家具や都内のインテリアショップの動向を見てみよう。2013年を振り返って一番の活躍を見せたのが佐藤オオキを中心にしたデザインオフィス「nendo」だ。彼らが「IDC大塚家具」とコラボレーションしたショップ「EDITION BLUE」を見ると、“ウッド&カラー”というトレンドが読み取れる。オリジナル家具として揃うのは、曲げ木の技術で知られる「秋田木工」で製造している椅子やスツールをリデザインし、新たにカラーペイントを施したシリーズだ。定番のデザインとして評価されているべーシックな曲げ木の椅子が、派手過ぎず組み合わせのしやすい落ち着いたパステル調のカラーをまとい、イメージを一新した。「IDC大塚家具」については、北欧のセレクト家具や雑貨などを扱う新たな路面店「モルゲンマルケット」を展開するなど、トレンドに敏感な若年層にも響きやすい新たな業態をスタートしたことでも話題を集めた。独自のブランドを有しながらも他ショップに負けないセレクト家具や雑貨を扱い出したことから、一気に注目を集める存在となってきている。
    さて、話を戻して“ウッド&カラー”について触れよう。木材に塗料や化粧板の鮮やかな色を組み合わせた家具が増え、活躍中のデザイナーの多くが各社からこのデザインを発表している。“ウッド&カラー”のデザインを最も早く打ち出し、トレンドを牽引したのが「カリモクニュースタンダード」の家具だ。それに続いて、角田陽太やトラフ建築設計事務所、藤城成貴など活躍中のデザイナー陣がデザインを手掛ける化粧板メーカー「伊千呂」のインテリア製品や、スキーマ建築計画を率いる長坂常の家具コレクション「ColoRing」などが発表された。これらは海外の見本市や都内のインテリアショップ、百貨店などで発表会や展示を行い、セレクトショップの商品としても展開を広げている。数年前までは無垢の木材を使ったナチュラルな家具ばかりがショップにあふれていた印象があったが、気がついてみると“ウッド&カラー”のトレンドを取り入れた製品が、都内の多くのショップを飾るようになっていたのだ。

    ↑チェア「No.500EB」(EDITION BLUE)
    佐藤オオキが率いるデザインオフィス、nendoが「IDC大塚家具」とコラボした椅子。日本が誇る曲げ木椅子のメーカー「秋田木工」のチェアの背もたれ上部にだけ“ディップ”したようにカラー塗装を施してある。同シリーズとしてスツールやテーブルも展開している。
    EDHITION BLUE青山 >>

     

    s-160-trend-13 →Morgenmarked
    「IDC大塚家具」がスタートした、ノルウェー語で「朝市」の意味を持つ「モルゲンマルケット」。路面店としてリアルな店舗(写真)をOPENし、既存のショールーム内やオンラインでも展開。北欧テイストの家具やインテリア雑貨を幅広く取り揃える。
    モルゲンマルケット 目黒通り ☎03-3791-4321

     

     

    スコラデスク(角田陽太) スコラデスク(角田陽太)
    プロダクトデザイナーの角田陽太が化粧板メーカーの「伊千呂」から発表した小振りなサイズのデスクとスツール。デスクは天板を開閉でき、中が収納スペースになっている。本体はラワン合板を基材にしたポリエステル化粧板製で合板の木質に化粧板の鮮やかな色が映える。全3色。
    伊千呂 ☎0120-94-1638

     

     

    COLOUR WOOD DINING (ショルテン&バーイングス) COLOUR WOOD DINING
    (ショルテン&バーイングス)
    気鋭デザイナーを起用しトレンドを牽引している「カリモクニュースタンダード」の新作テーブル。デザインは「HAY」のデザインでもお馴染みのショルテン&バーイングスによるもの。天板にドット柄の装飾が施され、これまでのデザインより更にカジュアルになった印象だ。
    カリモク家具 ☎0120-02-3914

     

     

    bend (藤城成貴) bend (藤城成貴)
    藤城成貴がデザインしたミラー。蝶番の代わりに合板と合板の間に帆布が挟んであり、壁掛けと卓上置きの2通りで使うことができる。ミラーは壁面や卓上を飾る装飾性の高いインテリア製品として、近年多くの新しいデザインが発表されている分野でもある。LとSの2サイズ、全4色が揃う。
    伊千呂 ☎0120-94-1638

     

     

    ColoRing(長坂常) ColoRing(長坂常)
    2013年のサローネ期間にSpazio Rossana Orlandiで発表された、長坂常による「ColoRing」。天然の木目を浮き上がらせる木工技法「浮造り」と、地層のように塗り重ねて研磨する「津軽塗」を組み合わせた新材によってつくられる。テーブル、椅子、棚、スツールなどを展開。
    スキーマ建築計画 ☎03-5939-6773

     

     

    Text by
    川合将人 KAWAI MASATO
    インテリアスタイリスト
    東京都出身。インテリアショップ勤務を経て独立。
    住宅メーカーのモデルルームの内装コーディネートや展示イベントの会場構成のほか、雑誌やインテリアショップのカタログ、広告などでスタイリング業務を行う。
    www.kawaimasato.com

     

     

    続きのページがあります(全4ページ)

    1 2 3 4

     

    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す